からここカンパニー

食の安全とおいしさへの取り組み

effort

からここカンパニーでは、皆さまに安心してお召し上がりいただけるよう、学校給食の厳しい衛生管理基準をクリアした製造環境を整え、大阪給食の安全安心制度(HACAAP)にも対応しています。

まずはスペシャルムービーをご覧ください

からここカンパニーの衛生管理

衛生管理は、私たちがもっとも大切にしていることの一つです。
おいしさと同じくらい、そして安全を当たり前にするためにそれ以上に取り組んでいます。

品質管理部が中心となり、各作業場のルール作成や見直し、そしてルールを徹底させるための教育を行っています。また作業する人の知識を増やす教育も行い、もしルールにない状況になったとしても、安全な給食を製造するために正しく判断できることを目指しています。

また、設備や衛生服も大切です。食中毒や異物混入を防ぐために備えている設備などの一部を以下にご紹介します。

エアーシャワー

異物になりうるものを製造場内には持ち込まないためのシャワー室があり、 室内には同時に二人が入れます。 エアージェット風量19㎥/秒の風圧が集じん効率99.99以上(0.3μm粒子径)を発揮し、さらに風圧により身も心もスッキリしてくれます。

調理場の服装

髪の毛などの異物の混入を徹底して防ぐための帽子·白衣·マスクの着用、製造場内への入り口で下足から製造場内用の靴に履き替えなどの対策で、異物などを持ち込みません。 また、二次汚染を防ぐためのエプロン·調理手袋は必需品です。

手洗い場

目に見えない異物や菌、ウイルスを手洗いにより洗い流します。衛生管理で最も大事なのは手洗いです。流水と洗剤を使用し、個人専用の爪ブラシを用いて決められた手順に従い2度洗います。手の水気をしっかりふき取り、アルコールで殺菌します。

おいしさを追求するからここカンパニー

調理スタート

からここカンパニーの朝は午前2時より始まります。安全な弁当をお届けするためです。最新の調理機器をフルに活用し、素材を活かした調理方法で高品質のおいしさを実現しました。煮る・焼く・炊く・揚げるなど調理したものを急速に冷まし、菌の繁殖を防ぎます。そして昼食に間に合うようにお届けします。食事をする方の気持ちを考え、一つひとつ調理をしています。

自動炊飯器

お米の計量から水の量まで自動計量します。しかし季節に応じた米・水・火加減はプロの仕事です。下からの火力だけでなく、全方位から炊飯の熱が当たるので、かまどで炊き上げているのと同じ原理です。ふっくらとおいしいご飯が炊き上がり、冷めても美味しさは損なわれません。自動盛り付けを行います。

煮炊きもの

徹底した清潔な調理場でその日の分の煮炊きをします。
焼き物・揚げ物と違って煮炊きものは自動化できないので、お客様の「おいしい」のひとことが私たちにとって最大の励みです。安全な給食を出すために確実に中心温度を計っています。

焼き物

焼き物も下からの火力だけでなく、全方位から熱が当たるので、まんべんなく水分が熱せられ、 程良いこげめとふっくらおいしい魚が焼き上がり、冷めても美味しさは損なわれません。

揚げ物

からっと揚がり、冷めてもおいしく召し上がっていただけるよう、自動揚げ物機を導入しております。 天ぷらやフライ物に大活躍です。油の酸化度チェックは欠かせません。

安全でおいしいお弁当·給食の完成です!

お問い合わせ

食についてのお困りごとはございませんか。

お電話でもお気軽にお問い合わせください